家計の足しにとはじめた家庭菜園にはまっています

実は家庭菜園にはまっているんです。
最初は本当に家計の足しに、と思ってはじめたはずの家庭菜園なのですがいざやり始めてみると置くが深い、と思わせられることが多いんです。
最初は簡単な不断草やレタスなどからはじめました。ですが、今ではハーブなどもありますし、イチゴの苗もあります。
不断草やレタスって育てるのが簡単で、またハーブ類も結構放置していても虫があまりつかないということもあってズボラな私にはぴったりでした。
ですが、イチゴとなるとどうしても育てるのが難しいイメージで手を出せずにいたんです。ところが娘がイチゴが大好きなこともあって思い切って苗を購入してみたんです。
すると思っていた以上にイチゴって丈夫なんですが、それでも虫なんかがつきにくくちょっと今までの野菜類と比較するとお世話が大変なんです。なんですが、虫が大量についてしまうとなんでだろう、とインターネットで調べたりして少しずつ知識をつけてお世話をしていくうちにイチゴの苗が大切に思えてくるようになりました。
不思議な感じがしています。何というか、手のかかる子ほど愛しいとでも表現したらいいのでしょうか、自分が面倒を見れば見るほどイチゴの苗が大切に思えてくるんです。
今では1日に何度もイチゴの苗をチェックするのが習慣になっています。

SNSでもご購読できます。